旅に出たくなる記事コンテスト

テーマは

「夏の旅」

コンテスト結果発表!

「旅に出たくなる記事コンテスト」にて
厳選な審査の末、受賞作品を決定いたしました。
また、今回力作揃いのため入選作品を増やし5本選ばせていただきました!
受賞した方には後ほど、メールにてご連絡させていただきます
[追記] 11月22日
受賞作品の中に、応募要項に違反していると疑われる作品がありましたため、
受賞の取り消しと該当作品の削除を行わせていただきました。
これにより一部作品を繰り上げ受賞とさせていただいております。

コンテスト結果発表をシェアしよう!

審査結果発表

最優秀賞最優秀賞
賞金20万円
もぐもぐさん
夏を求めて九州へ
夏を求めて九州へ
夏が終わっていくことに耐えられなくて九州に5日間行ってきた。あまりに馴染みがない場所で、完全に知らない土地で新しいものをたくさん見た。想像力に乏しい傲慢な人間なので、こうやって少しずつ自分の身でリアルを獲得していくしかない。
審査員コメント
これは読みながら「ウォォォー!杖立行きてぇぇぇぇぇぇえ!」ってなりました。杖立っていう地名も知らなかったのにまんまとしてやられた。悔しい。悔しいけど写真めっちゃキレイ。
文章も面白いし写真も綺麗。ボリュームはあるものの読み手への配慮があるので最後まで読んでしまい、かつ「旅、いいなぁ」と素直に思わされてしまいました!
『超有名な黒川温泉にはいずれ誰かと来そうだから、1人でぶらぶら行くので杖立に』という理由でわたしも行ってみたい。素晴らしかったです〜!
黒川温泉の近くに、こんなにいい温泉街があるのは知りませんでした。「蒸し湯」は本当にやってみたいです。熊本はいい場所がたくさんありますね。
優秀賞優秀賞
賞金5万円
山田さん
縁もゆかりもない町へ旅をする – 熊本県八代市
縁もゆかりもない町へ旅をする – 熊本県八代市
Google Mapをひらいて、場所を検索する。
周辺を調べようと、画面をさわる。
うっかり指をすべらせすぎて、すわーっと画面が流れた瞬間、もうそこには見たことも聞いたこともない地名がならんでいる。
審査員コメント
写真がキレイ。「八代」も僕は未経験なのですが、「まだまだ日本には素敵な場所があるんだなぁ」と思わせてくれる良記事だと思います。でも、こういう綺麗な画像をネットに載せるとすぐしょーもないメディアにパクられるのでそういう連中と頑張って戦っていきましょう(私信)
長い。長いけど、読んじゃう。写真も綺麗だし、少し物語調にしつつも個人的すぎない文章は、読んでいて心地よかったです。強いて言えば序盤にもう少し画像や引きを持ってくると、もっと良かったのかなぁと。でもわたしはとっても好きでした!
何もないと思ってた街から、様々ないい部分を探して取り出す旅、自分もしてみたいなって思いました!そこに行く理由がなくても、旅に出てみたくなるような記事でした。
入選入選
賞金1万円
くまごごろうさん
夏しかできない2週間1900キロ自転車の旅【東京~北海道往復編】
夏しかできない2週間1900キロ自転車の旅【東京~北海道往復編】
趣味としての自転車購入を読んで、クロスバイクを買ってテンションが上がっている!これは遠出するしかない!
福島の祖父母の家に行くのもいいけれど、それだと2泊くらいで終わってしまうなぁ。。。
審査員コメント
とんでもない軽装で出発したので「この人はバカなのかな?」と思ったのですが、結局2週間で1900キロ走り切った以上「賞をあげないわけにはいかないな」と思いました。今度は手ぶらで日本一周して欲しいです
自転車で旅をしました!という記事はよく見るのですが、きちんとルートや持ち物など細かに”最後まで”書ける人はあまりいない気がしています。最後まで丁寧にかつ熱量をもって書いてあってとても良かったです! 荷物少なすぎ。
この旅をやりきるのもすごいですが、SNSで自分の現状を拡散しながら、各地の人に助けてもらうっていう自転車の旅の仕方が、とても素敵だなと感じました。インターネットをこうやって使うのはとてもいいことですよね。
ちゃのさん
久留米の屋台を食べ尽くす
久留米の屋台を食べ尽くす
夏は旅の季節だ。旅の際一番楽しみにしているものはなんだろうか。美しい景色や、独自の文化、素敵な人々との出会い、そしておいしい郷土の味、旅に出ればたくさんの楽しみがあるだろう
そんな旅の楽しみを一気に味わえるものがある。それが屋台だ。
審査員コメント
「屋台」と言えば「博多」みたいなイメージを持っていたのですが、この記事を読んで「久留米いいな」って素直に思ってしまいました。見知らぬ人との交流も旅の醍醐味ですよね。
きちんと作られている記事。食べたもの全部美味しそうで、読んだ後はラーメンのことしか考えられなくなりました。記事のことを考えて撮られた写真たちが、記事をより読みやすくしてくれてました! 久留米行きたい。
「記事」を面白くするために、オススメされたものだけを食べるというルール決めがすごいなと。屋台に入るのは少しハードルが高いと感じていたのですが、とても行きたくなりました。
アナコンダさん
夏を求めて九州へ
9ヵ月の息子を連れて旅行に行って、積んだと思ったけどそうじゃなかった話
夏の海に一人佇む息子の写真が撮りたくて、沖縄まで来てしまいました。
どうですかこの後ろ姿、海の綺麗さ。
どこまでもどこまでも遠く海を、なんだか不思議そうに見つめる息子。

審査員コメント
「子連れ旅」って良いですね。これくらいの年の子供ならひょっとしたら大きくなった時に覚えてないかも知れないけど、そういう「本人が覚えていない、親だけが知ってる旅の記憶」みたいなのがあると子供が反抗期になった時でもスッとマウンティング出来る気がします。子連れ旅行も悪くない。
子供のためではなく親のエゴだったのではないか? と思いながらも最後まで「でも楽しかったの」という想いが溢れかえっていて、あー子供がいたら「よっしゃ、うちも連れて行こう」って思ったかもしれないなぁと。ただ、これだけは言わせて!「積んだ」ではなく「詰んだ」です!
昔のアルバムを見返したくなりました。自分が写ってるこの旅には、どんなストーリーがあったんだろうって。お子様が大きくなったときに、この記事、是非見ていただきたいです!SPOT潰れないように頑張ります。
奥岡さん
【就活が嫌になったから、鎌倉に行った】就活病み旅のすすめ。
【就活が嫌になったから、鎌倉に行った】就活病み旅のすすめ。
6月ももうほとんど7月に差し掛かり、僕は鎌倉に向かう電車に乗っている。就職活動で、第一志望の二次面接後に連絡がなく、落ち込んでひとり旅をしているのだ。
審査員コメント
旅に出るモチベーションって色々あると思うのですが、「就活が嫌になったから」っていうのは良いですね。僕も就活のシステムには散々いやな目に遭ったので「わかるわー」って思いました。結局最後に第一志望に受かったらしく「裏切者!」って思いましたけど
就活が嫌になって旅に出た、というお話。途中で心境が変わっていくあたり、とても熱量があって良かったです!ただし審査員全一致で「なんだ、結局うまくいってんのかよ」と総ツッコミ。どうぞこれからもがんばってください。
旅に出るにもストーリーがあって、自分の心境によって見るものが変わるんだということを再認識させていただいた記事です。第一志望に通っていたことで一気にリア充が書いたみたいな雰囲気になりましたね。笑 これからも夢に向かって頑張ってください!
ルリ子さん
新潟のライターがめぐる、夏のグルメ旅!
新潟のライターがめぐる、夏のグルメ旅!
はじめまして、新潟県在住のライター、ルリ子です。私はツイッターアイコンでショートケーキを両手に持っているぐらい、日頃から食べることが大好き!先日、『ジェラート屋さんに行って、味が選べないまま、電車に乗り遅れそうになる』なんて夢を見て、ハッと飛び起きました。
審査員コメント
「普通に参考になる!」って思いました。こういう旅記事って「読んでて面白い」っていうベクトルと「参考になる!」っていうベクトルがあると思うのですが、これは後者ですね。画像の使い方も上手くて「プロの仕業だな」って思いました
すごく上手にまとめられていました!さすがライターさんというだけあって、タメになる情報がちゃんとまとめられていて、読みやすかった!
確かにこれは都会では食べられないですね!来年絶対行きます!ライターさんとしても、是非SPOTに投稿していただきたいなと思いました。

番外編

どこでも地元メディア「ジモコロ」編集長、
柿次郎様からもご応募いただきました。
記事はもちろん素晴らしいのですが、大人の事情により、
掲載のみとさせていただきます。
徳谷柿次郎さん
夏しかできない2週間1900キロ自転車の旅【東京~北海道往復編】
【夏休み旅行】おもしろい旅は「地元の人」と「不確定要素」を巻き込むと生まれる
お〜い! みんな夏休み満喫してる〜〜?
私が務める株式会社バーグハンバーグバーグは、「社長が長期タイ旅行に出かける」という理由でご覧の通り11連休です。

SPOT公式アカウント

旅行記事やお出かけ記事に関する最新情報は
公式アカウントをフォローしよう!

審査員

  • ヨッピー
    審査委員長
    ヨッピー
    大阪出身のライター。
    勝手に「温泉神」を名乗っている。
  • さえり
    審査員
    さえり
    フォロワー数67,000人超の
    フリーライター。
  • SPOT
    審査員
    SPOT
    おでかけサービス
    「SPOT」の運営の人たち